MENU

虎の門小澤クリニックに求められる人材

2006年に開業した虎の門小澤クリニックでは長年にわたって虎の門病院内分泌代謝科主任医員、部長を務めてきた小澤安則医師が院長を務めているクリニックです。小澤院長はこれまでにバセドウ病などの甲状腺疾患4000例以上、糖尿病などの代謝疾患4000例以上、下垂体疾患500例以上を診察、治療した経験を豊富に持ちます。ここでは虎の門小澤クリニックの求人についてお話しましょう。

 

【虎の門小澤クリニックはどんな看護師におすすめ?】

虎の門小澤クリニックは内分泌系疾患、代謝系疾患の患者様が多く来院されます。
虎ノ門6

そのためそこで働く看護師は内分泌系疾患、代謝系疾患の患者様の担当をしたことがある方が望ましいでしょう。

もちろん今までの勤めていた診療科が内分泌系疾患、代謝系疾患などを診ていなかったという場合でも、丁寧に仕事内容は教えていただけるのでそれほど不安はありません。

 

【たくさんの検査実施に対応できる看護師が望ましい】

虎の門小澤クリニックではCT検査、ERCP、MRI検査、RI検査、アイソトープ検査、アキレス腱班所、レントゲン写真撮影、胃生検、心電図検査、内視鏡検査などこれ以外にもたくさんの検査を実施できるクリニックになります。虎の門小澤クリニックで働く看護師の方は、以前の勤務先で検査に必要な機器を使った経験のある方の方が即戦力は期待できるでしょう。

 

【スキルアップを目指すやる気のある看護師がおすすめ】

虎の門小澤クリニックでは内分泌系疾患、代謝系疾患の方が院長の腕をたよって来院されてきます。またセカンドオピニオンを当院に受けに来られる方も多いです。


内分泌系疾患や代謝系疾患の症状が重い方も来られますので看護師としてはきちんとした対応をとるべきでしょう。

もっと看護師としてのキャリアを磨きたい、知識を増やしたいなどスキルアップを目指している方に、虎の門小澤クリニックはおすすめの勤務先と言えるでしょう。
専門性を持つ実績と信頼のあるクリニックになりますので、看護師も丁寧で迅速な対応、処置が求められるでしょう。
虎ノ門5
看護師に人気の転職先クリニックとは?

 

虎ノ門小澤クリニックにおすすめの看護師はコチラ